うつ病をしっかりと克服する|医療機関でスピード治療

笑顔の男性

予防と今後

悩む男の人

予防法の行い方

うつ病は心の病の一種です。その中でも心の風邪と呼ばれるくらいに誰もがかかりうる病気なのです。うつ病を予防するには大きく分けると3つの方法があります。一つ目の方法は、自分の考え方を理解し、うつ病になりやすい考え方であればそれを変えるということです。うつ病になりやすい考え方とは、なんでも100パーセントでこなそうとする完璧主義的なものの考え方です。こういう人は自分の思っている理想と現実の差に自分自身に自己嫌悪してしまい、その結果うつ病になってしまうのです。これを防止するにはもう少し柔軟な考え方をするようにしましょう。二つ目はバランスの良い食事をとるということです。うつ病はセロトニンの不足が原因の一つとされています。そのため、セロトニンを分泌するための成分を多く含む肉類やたらこ、納豆といった食品を意識的にとるようにしましょう。最後の3つ目ですが、太陽の光を浴びるというものです。欧米ではうつ病の患者が多くなっているのですが、その原因の一つに部屋が太陽の光があまり入らない状態であることが挙げられます。太陽の光があまり入らない部屋では思考もどうしても沈んだものになりがちです。太陽の光を浴びる一番簡単な方法は外出することです。

今後の医療

長年私たちを苦しめてきたうつ病も、今までの研究によって少しずつメカニズムがわかってきました。現在の研究によってうつ病の人の脳は、健常者の脳に比べると血流や代謝が低下した状態であることが分かってきています。このことを利用した治療法が最近、うつ病に対する新しい治療法になるのではと注目されています。その治療法とは、磁気刺激治療と呼ばれるものです。これは、先ほど書いたとおりにうつ病の患者は血流や代謝が低下しているので、この低下した脳に磁気による刺激を与え、脳の機能を回復させるというものです。従来のカウンセリングと薬物治療しか選択肢しかなかったうつ病の治療に新しい選択肢を与えてくれる可能性が会える治療法として注目されているのです。薬物治療の場合は、どうしても副作用に悩まされてしまう可能性があるのですが、この磁気刺激治療の場合はもちろんそのような副作用に悩まされるというような心配は全くありません。治療をした後でピリッとした痛みが残ったり、磁気刺激が歯の神経に伝わって少し痛むというようなことが起こる可能性がありますが、一時的なことなので、しばらくすれば痛みは治まります。近年、日本の病院でも導入が始まっています。