うつ病をしっかりと克服する|医療機関でスピード治療

笑顔の男性

精神障害やうつの克服

微笑む女性

うつとその特徴

現代社会において、うつ病の患者数は年々増加しており、日本ではもう100万人に迫ろうとしています。それゆえ、この病気は身近な病気となっています。うつ病は他の病気と同じように放っておくと次第に症状が重くなります。それなので、軽度のうちに治療を開始することが大切です。気持ちの問題であると認識しがちですが、そうではなく治療が必要であるということを理解することが大切です。うつ病の特徴としては、その影響が精神的にそして身体的にと、両面にわたって現れるということです。精神的には、気分の落ち込み、抑うつ気分、そして興味と喜びの喪失などの症状があります。そして身体的には、食事や体重の変化(過食または腐食、体重の顕著な増加または減少)、睡眠の変化(過眠もしくは不眠)、著しい疲労感などの症状があります。また、重度のうつ病の場合、その特徴的なものとして、自暴自棄な感情が湧き起こります。そして特に重度の場合、妄想や幻覚などの精神障害も現れます。そこまで行くと危険な状態であると言えます。うつ病が発症するきっかけは人によってさまざまですが、その人自身の物事に関する考え方や生活環境や日常生活でのストレスなどが複雑に絡み合って起こると考えられています。

うつの克服

うつ病は主に精神科または精神神経科と書かれている医療機関で対応しています。うつ病の治療は一人一人に合った治療が必要です。うつ病の治療には、十分な休養と、抗うつ薬によるものが主です。うつ病の患者は学校、仕事に行かずにまたは家事をせずに休養することに抵抗がある場合が多いのですが、医師の方から患者の家族に説明して本人に休養を取ってもらうようにします。他の病気と同じように病気のまま学校や仕事場に行ってもかえって症状を悪化させて、それこそ不登校や退職に陥ったり、あげくの果ては命を絶つにまで及んだりすることもあるので、休養をとることが重要なことです。うつ病は治る病気で、症状によっては、2、3カ月後には回復して学校や仕事場に戻ることも期待できます。抗うつ薬はうつ病の症状の原因となっている脳の中で働く神経の情報伝達物質のバランスの乱れを調節する役割をします。抗うつ薬の効果により神経の情報伝達物質のバランスが整うことによって、うつ病患者の心と体に意力か活力がスムーズに伝達されるようになります。また、その症状の反復を防ぐために精神療法も用いられます。そこではうつ病患者の否定的な思考パターンを専門の医師により、より柔軟な思考パターンにしていくようにします。