うつ病をしっかりと克服する|医療機関でスピード治療

笑顔の男性

元気になろう

笑顔の女の人

早く始めることが大事

近年、精神疾患にかかる人が急上昇しています。その背景には、現代人がストレスの多い社会に暮らしているからだと言われています。そんな中増えてきた精神疾患を持つ患者たちの中でも特に多くなっているのが、うつ病を発症した人たちです。うつ病とは2週間以上もの間、何をしていても楽しい、嬉しい、幸せなどといったポジティブな感情になれず気分が落ち込んでいる状態になります。その他にも頭痛や吐き気、食欲増加もしくは食欲低下、夜眠ることができなくなるなどの症状が現れます。さらに症状が進行すると自殺願望が出てくる場合があり、この場合は緊急に病院に連れていく必要があります。うつ病は発症して早い段階に発見し、治療を開始することができれば治すことがさほど難しくはありません。しかし、発症してしまう人の多くが、真面目、完璧主義、周りとの調和を大切にするなど一般的には良い人と位置づけられるような性格を持っているため自分が苦しくなっていてもさらに頑張ってしまうことが多いです。どう頑張っても、もう頑張りきれないというギリギリなところまできて病院へ診断に連れてこられることが非常に多いです。うつ病は早期の治療開始がとても大切だということを知っておきましょう。

少しずつ効いてくる

うつ病の治療で最も多い方法が、抗うつ薬を使った薬物治療によるものです。不眠や精神が高ぶったり落ち込んだりの差が激しい場合には、睡眠導入剤や精神安定剤なども抗うつ薬に加えて処方されることも多いです。抗うつ薬の特徴は、効果を発揮するまでに服用を開始してから平均して1週間から2週間程度の時間がかかるということです。服用し始めから効果が見られるまでの間には、症状が一時的に重くなる人も多いため、家族や周りの人が目を離さないようにすることも大切となります。効果が効いてくるようになってからも、気分がすこぶる良好な日とどうしようもなく落ち込んでしまう日とが交互にやってくることも珍しくありません。このような特徴があるため、症状が落ち着いたとしてもしばらくの間は薬を飲み続け、その後の変化を注意深く観察していく必要があります。元気になってからも継続して服用を続けることで、その後の再発を防ぐ効果も報告されています。絶対にしてはいけないのが、医師の指示なしに薬を勝手にやめてしまうことです。急にやめてしまうことで再発率が高くなるだけではなく、抗うつ薬の性質上、辛い副作用にひどく苦しむ可能性が高くなってしまうからです。きちんと医師の指示通りに飲んで、早期解決を図っていきましょう。